みんなの旅話~ほっこりアルバム~

あたたかく迎えてくれたホストファミリー

あいさん さん

2018/10/25 投稿

 

今年の夏も大好きなアメリカのホストファミリーのもとへ行きました。
共通の知り合いの紹介で去年初めて出会ったのをきっかけに、2度目の訪問となりました。
去年は恥ずかしがってなかなか話してくれなかったホストブラザーの二人でしたが、今年は何でも話してくれて、何でも言い合える仲になっていたのが印象的です。

アメリカの家に着くと、私の部屋のドアに「Welcome back!」と書かれたブラザーたちの手書きのポスターが貼られていて、とても感動したことが思い出されます。
私は大学生、彼らは小学生で年の差はありますが、本当の兄弟のように親しんでいました。

ホストファミリーのみんなは日本のことが大好きで、日本の文化についてよく聞かれました。
現地で自宅用のかき氷製造機で手動のかき氷を作ったり、寿司やみそ汁を食べたりと、日本の文化を直に伝えました。
私と出会ったことをきっかけにさらに日本に興味を持ってくれるようになったことをとても嬉しく思います。

滞在期間中、ホストファミリーが何度も「あなたは私たちの家族なんだから、遠慮しないでね。」と言って私を娘として、姉として慕ってくれました。
ホストファミリーが英語が堪能ではない私の言葉を、最後までじっくり聞いて受け答えしてくれたので、私はもっと英語を使いたいという気持ちが芽生え、英語を勉強する際のモチベーションに繋がっています。

アメリカでの朝食は、ホストマザー特性のチョコレートシェイクでした。
日本で飲んだことがない味で、私がアメリカで一番気に入った食べ物です。
帰国の際、アメリカの味を日本でも味わえるようにと、シェイクの材料を土産として持たせてくれました。
日本に帰ってきて数週間が経ちますが、ほとんど毎日そのシェイクを飲んで、アメリカの生活を思い出しています。

アメリカでの生活は1カ月ほどの短い期間でしたが、その生活が今の自分の軸となっています。
アメリカ滞在の経験があるからこそ、将来海外で働きたいという気持ちが強くなり、今の就職活動の中心の要素となっています。
今のホストファミリーと出会えたことは私の財産となっていて、どんなものにも代えられません。

滞在中、ホストファミリーはサプライズで私が行ったことがないビーチに連れて行ってくれたり、農場に連れて行ってくれたりと、貴重な経験をいくつもさせてくれました。
彼らが日本に来た時に、次は私が恩返しをできるように日本のことをもっと勉強し、発信していきたいです。

コメントボタン

旅トクアドバイス

海外旅行の際には、日本であらかじめレターセットを買っていくのがおすすめです。アメリカから帰国する前に、ホストファミリーに手紙を書こうと思ったのですが、ショッピングセンターなどでレターセットがなかなか見つからず苦労したのを覚えています。

 

【 広報チーム さいとぅ さん】

そこはもうあいさんさんの第二のふるさと、お家ですね!
温かいお話をありがとうございました;;

写真一覧をみる ≫

●コメント

コメントはどなたでも投稿いただけます。お気軽にコメントしてください!