みんなの旅話~ほっこりアルバム~

初対面でも...

しろくまさん

2018/11/19 投稿

 

18歳、学校の学外学習で台湾を訪れた時のこと。
初の海外で、緊張していた私はメンバーの7名全員が初対面という状況で、不安いっぱい日本を飛び立ちました。
「台湾は、親日の方が多いから初めての海外にはオススメだよ。」という声も聞いていたのですが、慣れない環境という事もあり心配でした。

全体としては2泊3日の旅。
現地の日本のガイドさんに案内されるがまま、228和平公園や観光地を周り、夜に夜市に行って1日目は終了。
夜市では初めて見るもの食べるものが沢山でしたが、その人混みに 8人揃って行動するのがやっとでした。

2日目は、現地の大学生の案内で、西門町・永康街・台北101エリアなどを周ります。
私は、「日本学生の8名もまだ出会って間もないのに、現地の学生さんと仲良くなれるのかな」と初めは思っていました。
しかし、Sさん(現地の学生さん)は道案内や電車の乗り方に至るまで、笑顔を絶やさず丁寧に教えてくれました。
行動を共にする中で自然と私たち9人の壁は無くなりました。

日本のディズニーが大好きで、「この鞄キャラクターに付いているストラップ、可愛いね」なんて会話もしました。
今、一生懸命に日本語を学んでいるそうで、「日本語は何が1番難しい?」と聞いてみると、「敬語、がとても難しいです。」と教えてくれました。
一緒に集合写真を撮ったり、夜には九份にも行き、沢山の人と、アニメで見るその世界観に圧倒されたりもしました。

台湾の食文化にも触れました。
お昼ご飯に食べた小籠包はとっても美味しく、タピオカは茶葉が良品質で美味しくコスパが良いため日本でも飲みたいくらいでした。

3日目、故宮博物院へ行き免税店で買い物をしました。
メンバーの1人は、 「初対面のメンバーで、こんなに楽しいなんて思わなかった。」 と一言。 その一言が印象的でした。
「このメンバーで周れてよかった。」こんな声も聞こえました。
夜も遅くまで語り合いました。
もしかしたら、普段周りの友達にも話せて無いことも腹を割って話せたかもしれません。

簡単な言葉だけでも通じ合うこと、現地の方の温かさを身をもって体験したこと、日本ともよく似た文化...
短い時間ではあったけれどメンバーの距離はグッと縮まり、また沢山のことを学べた旅行でした。
そしてなにより、親切で、ちょっぴり意思の強い人も多い台湾が大好きになりました。
もっと中国語を勉強して、いつかは自分もすらすら話せるようになりたいと思っています。

コメントボタン

旅トクアドバイス

故宮博物院では、リュックサックでは入場出来なかったため、小さめのポシェットなどあると便利だと思いました。

 

【 広報チーム さいとぅ さん】

初対面の人たちと慣れない海外へ行かれたなんて、すごいことですね!いろんな緊張でやられてしまいそうなのに。
しかもとても楽しまれたようでなんだかぐっときました!旅ってすごいです!

写真一覧をみる ≫

●コメント

コメントはどなたでも投稿いただけます。お気軽にコメントしてください!