みんなの旅話~ほっこりアルバム~

はじめての台湾旅行

しろっぷさん

2018/11/26 投稿

 

はじめての海外旅行で台湾へ行って来ました。
11月とはいえ、日本と違って台湾では半袖の服装でOKということなので、気分は夏に逆戻り、荷物も少なくて済み 、身軽に移動できました。
約3時間のフライトの後、台湾の桃園国際空港に到着し、その後、新幹線に乗るために桃園駅へと移動しました。

ここまで無事に到着し、ホッとしたら、なんだか喉が渇いてきたので冷たい飲み物を買おうと思い、辺りを見回してみたら、駅の中にセブンイレブンがありました。
日本のコンビニと同じかな、それとも違っているのかな...と興味津々で中に入ってみました。
見たところ、品揃えは日本のコンビニほど充実していませんでしたが、それでもカルピスウォーターやポカリスエットといった日本でも馴染み深い飲み物があったので、それを手に取ってレジに並びました。

私の前のお客さんと店員さんとの やりとりを見ていて、レジ袋は有料らしいとわかったので、飲み物は 自分のバックに入れることにして、会計で店員さんにカルピスウォーターを差し出すと「25」と日本語で 金額を教えてくれました。
台湾の人は親日派が多いと聞いていましたが、外国で初めて聞く日本語である上に、店員さんの発音がとても綺麗だったことにちょっと びっくりしてしまいました。
せっかくなので 私も覚えたての台湾語で「謝 謝」と言ってみたら、その店員さんは「謝 謝 ありがとう」と笑顔で返してくれました。
はじめてのお買い物で台湾の人と ちょっぴり会話ができたことで、これからの旅への元気と勇気が出てきた私は、意気揚々と台湾の南部にある高雄へと移動しました。

今回の旅のハイライトである高雄では、まず、左営蓮池潭のシンボルともいえる慈済宮の龍虎塔へ行きました。
道教では、十二支の中で龍がもっともいい動物で虎が最も悪い動物であると信じられているので、龍の口から入って虎の口から出ると善人になると言われているそうです。
そこで 私も、他の観光客と同じように龍の口から入り、塔の螺旋階段を100段ほど上がりましたが、100段は思った以上に大変でした。
けれど その分、塔の上から眺めた湖の景色はとても素晴らしく、いつまでも眺めていたいほどでした。

次の日は、楽しみにしていた駁二芸術特区へ行きました。
かつては高雄港の積み荷を保存していた倉庫街だったそうですが、今やアートとカルチャーの発信地で ユーモラスなパブリックアートがあちこちにあり、そのスケールの大きさと面白さに感動でした。
片言の台湾語と英語と日本語で何とかコミュニケーションをとりながら、マンゴーかき氷や小籠包、牛湯麺といったおすすめ品も堪能でき、あっという間の日々でした。

まだまだ台湾を回りきれていないし、もっともっと台湾の文化に触れてみたい。
だから、もう一度 旅に出たいと強く思うほど、台湾に魅了されてしまいました。

コメントボタン

旅トクアドバイス

地下鉄では、飲食は禁止なので気を付けましょう。

 

【 広報チーム さいとぅ さん】

コンビニの店員さんの対応、これはうれしいですね~!
旅の始まりがさらにワクワクしちゃいます!
ステキなものたくさん見て、おいしいものたくさん食べてうらやまな旅です^^

写真一覧をみる ≫

●コメント

コメントはどなたでも投稿いただけます。お気軽にコメントしてください!